モンブランフジヤ

tel:0966-63-1179
  • お知らせ
  • フジヤの魅力
  • こだわりの素材たち
  • お菓子の物語
  • 店舗アクセス
  • お問い合わせ
焼き菓子のお取り寄せ
モンブランフジヤ
〒867-0043 熊本県水俣市大黒町1丁目3−10
HOME > こだわりの素材たち > ぶどう

2018.08.08

ぶどう

愛情の詰まったぶどう

落合ぶどう園さんの葡萄

皮ごと食べられる、安心のぶどう。
探していたけれど、なかなか見つからかったぶどうに、2018年夏、出逢うことができました。
 
鹿児島県阿久根市にある、落合ぶどう園さん。すぐ近くには、夏には親子でにぎわう美しいビーチがあります。
30年ほど低農薬のぶどう栽培を行ってきましたが、2017年より新しい試みを始めました。
 
ぶどうの樹が本来持つ「植物ホルモン」を最大限生かした栽培ができるよう、無肥料栽培のノウハウを技術指導している㈱グリーングラス代表の道法正徳さんに学び、農薬を使わない代わりに、満月の日の海水、木酢液、炭パウダー、自家製青草発酵液などを使って、様々に試行錯誤してきました。
 
種をなくし実の肥大をさせるホルモン剤、化学肥料、動物生堆肥、除草剤等も使っていません。
2018年は農薬を一度も使わずに栽培ができました。

 

落合ぶどう園さんの葡萄

 

そういった栽培方法に取り組んでこられた健二さん・里砂さんご夫婦は、栽培以外にも摘房作業で出る若いぶどうを搾った果汁「アグリーダ」(酸味が強くレモン果汁の代わりに使えます)や、ドライぶどう・冷凍ブドウなど、ポリフェノールなど栄養分がたくさん含まれている皮の部分まで、あますところなく使えるぶどうの食べ方も教えてくださいました。
ぶどうは、可愛くて仕方ない存在だそうです。
 
冷凍ぶどうは、びっくりの美味しさで、皮までおいしく、まさに「アイスの実」。
 
「やりたいことをやりたい、食べたいものをつくりたい!」
 
「種があるって、命があること。種の大切さを伝えたい。」
 
医療の現場にも関わられてきた里砂さんの、命を想うあたたかく熱心な姿勢と、それを見守りながら黙々と作業される健二さんのお二人の様子が、とても印象的でした。
 
モンブランフジヤでは、ぶどうのショートケーキを始め、様々なお菓子に大切なぶどうを活用していきます。

 

 

落合ぶどう園さんの日々の取り組みは、こちらのブログで見られます。
「happy smile farm(落合ぶどう園)の奮闘記~自然って素晴らしい~」

 

落合ぶどう園さん

湯野牧場-エコ牛乳

2018.07.03

牛乳

水俣、湯野牧場は、海も見渡せる山の上にあります。 お邪魔すると、眼鏡の奥の瞳がとてもやさしいご夫妻と、ゆったりと過ごす5頭の牛たちが迎えてくれました。1頭はま・・・(続きを読む)